ウーマン

抗がん剤による髪の抜けが気になるなら帽子を被ろう

自分らしく生きるには

婦人

気になる人へ

現在の医療は進歩しており、がんに対しても抗がん剤の治療で完治したり進行を遅めたりすることが出来ます。治療のメリットがある反面、デメリットとして副作用があります。抗がん剤のよくあるのは嘔気や食欲不振などですが、3週間〜1ヶ月を過ぎたころに現れる副作用として、脱毛が挙げられます。事前に医師からも説明はありますが、現実に脱毛が始まると、患者の皆さんはショックを受けるものです。脱毛は大体半年ほどすると改善し、もとに戻ってきます。しかし、脱毛の副作用があるときは抜け、新しい毛もなかなか生えてきません。抗がん剤の治療を終えてもなかなか外出するのが不安になったり、人に会うことが億劫になってきます。そんな時に使えるのが帽子です。帽子といっても、普段ファッションで使えるような帽子と、人工毛が取り付けられた帽子があります。多くの人は抗がん剤の治療が始まる前に、お店で帽子を購入していますが、中には医療用の帽子もあります。病院でパンフレットが置いてあるので見てみると良いでしょう。医療用の帽子は人工毛が取り付けられてあり、種類も豊富です。やや値段は高くなりますが、気になる方は一度調べてみると良いでしょう。髪が抜けてしまうと、気分も落ち込んでしまうものです。そんな時、帽子は気分を明るくしてくれ、周りの目を気にせず過ごせず一つのアイテムになります。抗がん剤の治療を今後受ける際は、ぜひ一度見てみると良いでしょう。

Copyright © 2017 抗がん剤による髪の抜けが気になるなら帽子を被ろう All Rights Reserved.