女性

抗がん剤による髪の抜けが気になるなら帽子を被ろう

自分らしく生きるには

婦人

抗がん剤はがんの治療を行うメリットの他に、副作用というデメリットがあります。中でも3週間〜1ヶ月頃は脱毛があり、外出や人に会うのが億劫になってきます。そんな時、帽子は頭を隠すアイテムとなり、外に出る機会をくれます。お店でお気に入りの物を見つけてみると良いでしょう。

薬の影響で髪が抜けたなら

帽子

抗がん剤で髪の毛が抜けてしまった場合は、医療用の帽子を活用すれば、今まで通りの日常を送ることができます。現在では店頭に訪れなくても、インターネット上で購入できますので、オシャレな帽子を探してみましょう。

素材やデザイン性が大切

女の人

本人の気持ちに寄り添う

がん治療のために抗がん剤を使用すると、副作用で体毛が抜けてしまう人もいます。頭髪が抜けてしまうと、他人の視線が気になってしまい、外出が困難になってしまうこともあります。そこで利用したいのが帽子です。ただし、髪の毛がある状態とは異なり、抗がん剤による脱毛は、頭皮がむき出しになっており、肌が敏感になっています。直射日光や乾燥から頭皮を守ったり、汗を吸収する素材で作られていることが大切で、市販の帽子では肌に合わないことも多いのです。ただし、抗がん剤による治療という事で、精神的なダメージも大きい人も多く、かぶり心地はもちろん、デザイン性や気分が明るくなるような効果を期待する人も多くいます。そこで、いかにも医療用といったものではなく、ファッション性もあり、外出が楽しくなるデザインのものを選ぶといいでしょう。医療用通販では、多くの帽子を扱っていますが、もし気に入ったものが見つからない場合は、インターネットのサイトで多くの商品を扱っているところもあります。医療用帽子の役割は、抗がん剤治療中の頭皮の保護にも使用できますが、冷暖房対策にも効果があります。入院や通院中の病院内は空調がきいており、抗がん剤治療中の患者にとっては体調面で負担が大きいこともあります。そういった場合にも、帽子をかぶることでカバーすることが可能になります。医療用の帽子は、毛や化繊といった素材ではなく、綿100%のものが基準となります。機能性と自分の好きなデザインを選べることが、患者にとってメリットの大きなものとなるのです。

お洒落で肌にやさしい

女性

抗がん剤治療の影響から髪の毛が抜けてしまった場合、医療用帽子があれば安心です。医療用帽子の価格は、1000円〜5000円程度です。素材や作り方に工夫が凝らされていて、治療中でも安心してかぶることができます。

Copyright © 2017 抗がん剤による髪の抜けが気になるなら帽子を被ろう All Rights Reserved.